ゆずの素

とっても短いラブソング、ゆず『する〜』| アルバム『ゆずの素』

とっても短いラブソング、ゆず『する〜』

『する〜』 作詞作曲 岩沢厚治
アルバム『ゆずの素(1997年)』収録

ゆずの最初のアルバム『ゆずの素』の三曲目に収録されている『する〜』。

もしかしたら“世界一短いラブソング”じゃないかと思うくらい、あっという間に終わる曲です。

冒頭、「する〜行ってみよう、厚ちゃん行って!」という悠仁の掛け声で始まるのですが、その素っぴんな雰囲気にほっとします。あとはもう、ひたすら「する〜」の連呼。軽いタッチのメロディに、する〜する〜する〜と続きます。

『する〜』の歌詞全文

昔から、『する〜』の意味は? と訊かれることも多かったようですが、僕の記憶によれば、雑誌のインタビューで「告白する〜」のことだと語られていたような気がします。

しかし、ネットで調べてみると、告白だけでなく、色々と男女のあれこれを「する〜」というもっと広い意味なのだとか。

曲の大半が「する〜」だけという、若いからこその繊細で瑞々しい表現力。何を「する」かは言わない、言えない。でも、「する〜」と繰り返し歌う。

それが(もしかしたら)「スルー」ともリンクすることで、色々なもどかしさが表現されているのかもしれません。

ちなみに、高校時代にアコギでチャレンジしたのですが、アルペジオが難しく、何度繰り返しても弾き終えることができませんでした。

ゆずの曲は、AppleのサブスクリプションサービスApple Musicで全曲配信されています。

Apple Music 無料体験【公式】