ゆず

カラオケで歌いやすいゆずのおすすめ曲10選

カラオケで歌いやすいゆずのおすすめ曲10選

全体的にキーが高いので、ちょっとカラオケで歌うのが難しいゆずの曲。

今回は、盛り上がりはいったん度外視し、ゆずの曲のなかで割と簡単でキーも低く、カラオケで歌いやすいおすすめの曲を紹介したいと思います。

ゆずファン同士のカラオケやヒトカラの際に思う存分歌いましょう。

①『連呼』 アルバム『ゆずの素』収録

『連呼』 作詞 北川悠仁、岩沢厚治 作曲 岩沢厚治
アルバム『ゆずの素(1997年)』収録

ゆずの最初のアルバムに収録されている『連呼』は切ない歌詞とまったりした曲調が魅力の曲です。

キーも低く、ゆったりした曲なので歌いやすいですし、ギターのコード進行も簡単なので、アコギを初めたばかりのひとには弾き語りの練習にもおすすめの曲です。

②『シュビドゥバー』 アルバム『ゆずマン』収録

『シュビドゥバー』 作詞作曲 北川悠仁
アルバム『ゆずマン(1998年)』収録

ゆずの初期アルバム『ゆずマン』に収録されている『シュビドゥバー』。

この曲は、卒業式終わりにもぴったりの青春ソングです。初期のライブでは最後によく歌われた曲でもあります。

のんびりとしたテンポで、キーも低いので、ゆずのなかでは歌いやすい曲の一つです。

③『センチメンタル』 アルバム『ゆずえん』収録

『センチメンタル』 作詞作曲 北川悠仁
アルバム『ゆずえん(1999年)』収録

シングル曲としても有名で、アルバム『ゆずえん』に収録されている『センチメンタル』。

夏の終わりのラブソングで、アップテンポでキーもそれほど高くなく歌いやすい曲です。

④『友達の唄』 アルバム『ゆずえん』収録

作詞 作曲 北川悠仁(歌詞を見る

⑤『』 シングル『からっぽ』カップリング曲

作詞 作曲 北川悠仁(歌詞を見る

⑥『嗚呼、青春の日々』 アルバム『トビラ』収録

作詞 作曲 北川悠仁(歌詞を見る

⑦『君は東京』 アルバム『すみれ』収録

作詞 作曲 北川悠仁(歌詞を見る

⑧『しんしん アルバム『リボン』収録

作詞 作曲 北川悠仁(歌詞を見る

⑨『ダスティンホフマン』 アルバム『リボン』収録

作詞 作曲 北川悠仁(歌詞を見る

⑩『春風』 シングル『春風』

作詞 作曲 岩沢厚治(歌詞を見る) iTunesで聴く

まとめ

曲のラインナップを見ればわかるように、ゆずのなかでもほとんどが北川悠仁さんの作詞作曲です。

これは、悠仁さんのほうがもともと声質的にもキーが低い設定の曲が多いことが理由の一つにあります。

また、カラオケで歌いやすい曲のうち初期の曲は、アコギの初心者でも弾きやすい簡単なコード進行になっています。

特に『連呼』や『友達の歌』は、ギター初心者が最初に取り掛かる弾き語りの曲におすすめです。