ゆずのおすすめ

ギターの練習におすすめの簡単なゆずの曲

ギター初心者の練習曲におすすめ簡単なゆずの曲

ギターを始めるにあたって長続きのコツとしては、まずは簡単に弾ける曲を見つけて、不器用でも弾いてみることが肝心です。

ギターを持って自分の手でメロディが生み出せる経験をすると、それだけでテンションが爆上がり。大げさではなくまるで魔法使いにでもなったような気分になります。

ギター初心者の練習でおすすめなのは、ギターだけでメロディが生み出せる「アコースティックギター(通称アコギ)」で、簡単な曲を弾くことです。

アコギと言えば、弾き語り。弾き語りと言えば「ゆず」です。

画像 : ゆず公式ツイッター

約20年くらい前に、ギターを持って路上で歌う路上ミュージシャン出身のゆずの登場によって「路上ライブ」は一気に有名になり、「ゆずの子」たちも駅前に溢れるようになりました。

ギターで最初に練習する曲に、ゆずの曲を選んできたひとも多いのではないでしょうか。

特に初期のゆずの曲は、結構コードが簡単でシンプルなものも多いので、ギター初心者の「最初のミュージシャン」におすすめです。

今回は、そのゆずのなかでも、特に「最初の一曲」にぴったりという、あの難敵「Fコード」を使わずストロークも簡単な「Fコードなしのゆずの曲」を紹介したいと思います。

Fコードなし、「最初の一曲」におすすめの曲『ところで

僕がおすすめしたいギター初心者の「最初の一曲」にゆずの曲が、アルバム『ゆずマン』に収録されている『ところで』です。

作詞 作曲 岩沢厚治(歌詞を見る

iTunesで聴く

この『ところで』は、あまり有名ではないかもしれませんが、ベストアルバムにも収録される隠れた名曲です。

ゆずの通算2作目のアルバム『ゆずマン』の一曲目、爽やかで切ない風の吹くラブソング。

この曲は、コードもストロークも簡単で弾きやすいのでギターの練習にうってつけの一曲です。

カポ(カポタスト)は4カポ。

使用されるコードはG、D、C、Em、という4つのコードのみで、リズムもシンプルです。

Gコード

Dコード

Cコード

Emコード

出典 : ギター・コード表のギターズ.nety

ゆず『ところで』のギターコード譜は、こちら。シンプルなコード進行で、ゆずの曲のなかでもっとも簡単な曲です。

弾き語り動画だと、こちらの方の映像がわかりやすいと思います。

ストローク(弾くリズム)は、「ジャン↓ ジャ↓カ↑ ジャ↓カ↑」「ジャン↓ ジャ↓カ↑ ジャ↓ カ↑」です。映像を見たり、口で言いながらギターを弾いてみるのがリズムをつかむコツです。

それとギターは反復練習が大事です。

このリズム練習をずっと繰り返しているうちに、意識しなくても自然にそのリズムで右手が動くようになります。

まずはゆずの『ところで』に取り組んでみましょう。

以上、ギター初心者の「最初の一曲」におすすめの簡単な曲、ゆずの『ところで』でした。

Apple Music 無料体験【公式】