ヨルシカ

ヨルシカの失恋ソング

ヨルシカの失恋ソング

ヨルシカは、楽曲の作詞作曲編曲及びギターを担当するn-bunaナブナさんと、ボーカルを務めるsuisスイさんの男女二人組ロックバンドです。

ヨルシカの結成は2017年、もともとナブナさんは2012年からボカロ曲を製作し、2013年には『透明エレジー』が話題に。

スイさんは、ナブナさんのワンマンライブのゲストボーカルとして参加(もともとナブナさんのファンでもあったようです)し、ヨルシカの結成に至ります。

ヨルシカの結成を決めた理由として、ナブナさんは、スイさんの「声質」を挙げています。

ヨルシカのボーカルとして一緒にやっていこうと思えた大きな理由は、声質ですね。僕はロックもポップスも、いろいろなジャンルを雑多に聴いてきた人間なんですけど、それゆえに作りたい曲の方向性もたくさんあるんです。

だから、ロックでもちゃんと映えて、かつバラードや浮遊感のある音楽にも対応できるような、ちょっとハスキー成分のある歌声の方を探していて。そこにちょうど当てはまる声質だし、しかも歌がうまい。「この人だ!」と思ってお願いしました。

出典 : ヨルシカ「夏草が邪魔をする」インタビュー|音楽ナタリー

ヨルシカというバンド名は、ファーストミニアルバム『夏草が邪魔をする』の収録曲『雲と幽霊』の「夜しかもう眠れずに」という歌詞の一節に由来します。

ナブナさんが、以前から「夜しか眠れない」というフレーズが好きで、語感もよかったことから、「ヨルシカ」というバンド名にしたそうです。

ヨルシカの魅力の一つに、繊細で美しく情緒的な(そして切なく、ときに痛切な)歌詞があります。

歌詞の意味も、結構色々な解釈が考えられるものが多いので、たとえば失恋ソングなら失恋ソングと一概には言えないかもしれません。

失恋の曲というより、死別や、時間の流れのような、広い意味での「別れ」を歌っているようにも聴こえます。

そのため、ヨルシカの曲のなかで失恋の曲とも読めるような歌詞の曲を紹介したいと思います。

『靴の花火』 アルバム『夏草が邪魔をする(2017年)』収録

『藍二乗』 アルバム『だから僕は音楽を辞めた(2019年)』収録

『八月、某、月明かり』 アルバム『だから僕は音楽を辞めた(2019年)』収録

『雨とカプチーノ』 アルバム『エルマ(2019年)』収録

『心に穴が空いた』 アルバム『エルマ(2019年)』収録

『花に亡霊』 アルバム『盗作(2020年)』収録

『夜行』 アルバム『盗作(2020年)』収録

『爆弾魔』 アルバム『盗作(2020年)』収録